年末調整の対象者となる人、ならない人



年末調整の対象となるのは、基本的に「1年を通じて勤務している人」「年の中途で採用され、年末まで勤務している人」。さらに「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している必要があります。実はこの書類を勤務先に提出してできる人と、できない人がいます。その違いは何なのでしょうか。年末調整の手続きも含めて解説します。

情報元リンク:All About(オールアバウト) [マネー]
年末調整の対象者となる人、ならない人

関連記事

  1. 給料日はいつ?25日?それとも月末が多い?

  2. 生命保険信託に注目!メリットとデメリット、取り扱いのある会社は?

  3. 老後貧乏にならないために心がけたい3つのこと

  4. やっぱり健康にはヨガとピラティス!? 糖尿病や高血圧にも効いた!

  5. パート扶養控除103万・130万・150万の壁、お得なのは

  6. 6月株主優待 個人投資家注目の20万円株はコレ!

  7. 39歳貯金100万円。来年に第三子を希望、資金的に大丈夫でしょうか?

  8. IPO(新規上場株)とは?儲かる理由や抽選方法を解説

最近の記事

  1. 芸能の裏

    【ネットナンパ】「私たちと会ってエッチしてもらえ…
  2. 東スポ

    ソフトバンク・千賀が「4度目の正直」で今季初勝利…
  3. 芸能

    加藤綾子にケンカを売ったTBS「激似アナ」の小悪…
  4. 芸能の裏

    親が死んで年収十倍になったwww