年末調整の対象者となる人、ならない人



年末調整の対象となるのは、基本的に「1年を通じて勤務している人」「年の中途で採用され、年末まで勤務している人」。さらに「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している必要があります。実はこの書類を勤務先に提出してできる人と、できない人がいます。その違いは何なのでしょうか。年末調整の手続きも含めて解説します。

情報元リンク:All About(オールアバウト) [マネー]
年末調整の対象者となる人、ならない人

関連記事

  1. 月収20万円で住民税はいくら?

  2. 増える晩産家庭!定年に向けたマネープランを考えよう

  3. ボーナスから引かれた税金が安すぎる・高すぎる場合の注意点

  4. 医療費控除の確定申告はいつから?2019年1月からできる

  5. 年末調整の生命保険料控除はどう書けばよい?

  6. サケ高騰でも値上がりしないイクラの怪!化学調味料まみれ「マスコイクラ」…

  7. 知らないと損!若年層にも必要な年金の話

  8. 台風や土砂崩れ、洪水、地震など自然災害に備える損害保険

最近の記事

  1. 芸能

    「今一番脱げるシンガーソングライター」藤田恵名、…
  2. 芸能の裏

    ラップ大好きニート、カラオケで自慢ラップを披露w…
  3. 芸能

    鈴木おさむ、ワンピ最新91巻『ワノ国編』に興奮「…
  4. 女子アナ画像

    田中みな実アナのノースリ横乳と、池田美優のパン線…