消しゴムは字のごとく消えていくのか? 2人に1人は5年間買っていないことが判明

消しゴムキャッチ

幼い頃、誰もが最初に使う筆記用具のひとつといえば、鉛筆。そして、鉛筆につきものなのが、消しゴムだ。

社会人になると鉛筆よりはペンを使用する機会が増え、またパソコンを中心とした作業も多くなることから、「消しゴムをここ数年買った記憶がない」という人も少なくないだろう。

 

■6割が5年以上消しゴムを買っていない

しらべぇ編集部では、20代~60代の男女1500名に対して調査したところ、5年以内に消しゴムを購入したと答えた人は、全体の6割にとどまった。

消しゴムグラフ1

2人に1人が、年季の入った消しゴムを使用していることになる。 働き改革の一つとして企業に「デジタル化」、「ペーパーレス化」が普及していることや、世界で15億本売れた『フリクションペン』をはじめ、「消せるボールペン」の流行が関係していることも推測される。

 

■60代でもデジタル化が浸透か?

さらに、年代別で比較すると、60代では約7割が、最近消しゴムを購入していないことがわかる。

消しゴムグラフ2

手書きに一番馴染みがあると思われる世代でも、少なくとも「鉛筆・消しゴムでの物書き」とは、かなり距離があることが伺える。

一方で、40代が51.3%と購入率が最も高い。管理職や指導責任者を任される年代ということもあり、アナログの作業が多く、消しゴムの使用頻度が高いのかもしれない。

 

■消しゴムを見かけなくなる時代が来るのか

まだまだ、学生には需要のある消しゴムだが、政府は「デジタル教科書」の導入を検討しており、2020年までに「小・中学生の生徒一人につき一台の電子タブレットの普及」を目標としている。

いずれ、ノートへの書き取りやペーパーテストも廃止され、消しゴムを見かけなくなる時代が訪れることも予想される。

 

消しゴムは、読んで字のごとく消えてしまうのか、それとも形を変えて後世まで残るのか…消しゴムの行く末が気になるところである。

情報元リンク:しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!
消しゴムは字のごとく消えていくのか? 2人に1人は5年間買っていないことが判明

関連記事

  1. 指原莉乃「いいね減る」も…フット後藤への愛あるイジりが話題

  2. 飼い犬が海に落ちた… 助けようとした男性を襲った「残酷すぎる結末」に言…

  3. クリスマス、飲んで調子に乗った男 ひったくりの結果、「まさかのプレゼン…

  4. 城田優、森川葵は「エロくなった」 『文学処女』で魅せる色気と胸キュン

  5. 小栗旬のハリウッドデビューに心配の声 「銀魂を評価されて与えられる役っ…

  6. 男性に多い? トイレでおしっこしようとしたらなぜかうんちも出てしまう理…

  7. 矢口真里、インスタで怒りのコメント 「いい加減にして」「しつこ過ぎます…

  8. ローラ、イケメントレーナーと美尻作り 「美男美女すぎてツライ」の声も

最近の記事

  1. 東スポ

    西武「1番・金子侑、3番・秋山」に辻監督「今はい…
  2. 気になるアレ

    和田アキ子、堀ちえみへの「頑張って」に違和感 そ…
  3. 芸能の裏

    めちゃめちゃ長い鼻毛が抜けた
  4. 女子アナ画像

    鷲見玲奈アナ 黒ストッキングの▼ゾーン!