「いやもう、死んでるし」 自分のいない世界に興味がない人たち

(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

少子高齢化や地球温暖化など、未来への課題は山積みである。しかし、自分がすでにいなくなる世界について、そこまで深く考えていない人も多くいるだろう。

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,363名を対象に、「未来について」の調査を実施。

「自分がいなくなった後の世界がどうなっても、知ったことではないと思う」と答えた人は、全体で45.3%。半数近くの人は、自分のいない世界のことは考えていないのだ。

 

■文明の力に頼る毎日

年代や性別でも大きく変わることはなく、どの層でも半数近くは自分の死後の地球について考えてはいないようだ。

自分がいなくなった後の正解がどうなっても知らない性年代別グラフ

一度便利な生活を覚えると、戻れないとの意見も。

「地球環境のことを考えたなら、人間が文明を手放すくらいのことをする必要がある。しかしそんな気配は一切なく、さらに進化したものを作ろうとしている。

 

僕も文明の力に頼り切った生活をしているし、環境破壊の一端を担っていることは否めない」(30代・男性)

 

■年金の将来が不安

年金への不安は、多くの人が抱いている。

「私が年金ももらえる頃には、さらに年齢が引き上げられたり受給額が下がったりすると思う。さらに若い子たちが老いる頃には、もっと悲惨な状況になってそう。

 

そうは思いながらも、『自分がもらうようになるまでは、できるだけ金額が減らないように』って考えちゃうところがある。

 

自分のことを一番に考えるのは、当たり前の気持ちでしょ」(40代・女性)

 

■子供ができると考えが変わる場合も

未婚者よりも、既婚者の割合が少なくなっている。

自分がいなくなった後の正解がどうなっても知らない未既婚別グラフ

特に子供ができると、考えが大きく変わるようだ。

「私も独身の頃は自分のことしか考えていなかったけど、結婚して子供ができてからは考えが変わった。せめてこの子が生きているうちは、穏やかな時代であって欲しいと思う。

 

さらに孫ができたら『この子が生きているうちは…』って同じように思うだろうから、こうやって将来に繋がっていくのかも」(30代・女性)

 

生涯独身率も上がり続ける現代では、「子供が生きているうちは…」と考える人も減る。長期的な問題に目を向ける人も、どんどん少なくなりそうだ。

情報元リンク:しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!
「いやもう、死んでるし」 自分のいない世界に興味がない人たち

関連記事

  1. タイ料理『ガパオライス』を作るときに高知県の『香り米』を使うと100倍…

  2. 軽いノリでキスしただけなのに! 男友達の彼女からキレられた女性の訴えが…

  3. miwa、水泳・萩野公介と熱愛報道 「巻き込まれてかわいそう」と坂口健…

  4. 海水浴へ行く途中で1歳児が行方不明 「13日は2歳の誕生日」の幼さに親…

  5. 東京23区「全面ドーム化」がトレンド入り ネタに釣られて激怒の声も

  6. 家事育児をしない夫から衝撃の一言 悩む女性に「離婚一択」と声援相次ぐ

  7. 店のトイレに行ったきり、戻らない小1の娘 父が目にした光景に言葉を失う…

  8. 叶美香「ファビュラスな姉の格言」を語る 「愛に溢れたメッセージ」と称賛…

最近の記事

  1. 芸能

    石田純一『65歳の誕生日会』ブログに「異常」「キ…
  2. 気になるアレ

    花田優一氏、「靴作りには時間がかかる」怒りの主張…
  3. 芸能の裏

    【エロ体験談】先輩の彼女のパンチラ
  4. 芸能

    いとうまい子とかいう不良少女と呼ばれたおばさんの…