ジャニーズ事務所はジュリー副社長&滝沢秀明体制へ

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/09/13(木) 05:15:30.09 _USER9
昨年9月から活動休止していたジャニーズ事務所の人気デュオ・タッキー&翼が12日、都内でデイリースポーツなどの取材に応じ、滝沢秀明(36)が年内一杯で芸能界を引退することを明かした。

2019年以降はジャニー喜多川社長(86)の意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や演出など、社長の“後継者”としてプロデュースに専念する。
タキツバは9月10日にデビューから16年で解散した。

18年にメニエール病を再発した今井翼(36)は近々の手続き終了後に退所。
治療に専念しながら、将来的な芸能活動再開を目指す。

ジャニーズ事務所は将来的に、藤島ジュリー景子副社長(52)が社長となり事務所経営とタレントのマネジメントを担当し、滝沢がプロデューサーとして“ジャニーイズム”を伝えていく体制になることが予想される。

1962年6月に設立されたジャニーズ事務所は、ジャニー喜多川社長がタレントや作品のプロデュースを手がけ、姉の藤島メリー副社長(91)が経営面を担当してきた。2人は元気に第一線で活動しており、

今後も当面、現役として“陣頭指揮”を執るが、年齢を考慮すれば、将来的な準備も必要になる。

現在はジュリー副社長がTOKIOや嵐など多くのタレントをマネジメントし、ジャニー社長がプロデュース業、メリー副社長が経営面を担っている。

滝沢は将来的な体制について、「(事務所は)ジャニーさんとメリーさんが作ったもので、(現在は)ジュリーさんが全体をまとめている。今後は皆さんと一緒に『ジャニーズって、すごいな』と思える体制をつくっていけたら」と展望を語った。

滝沢はすでに、ジュリー副社長とも対話した。「最近、方向性が決まったので細かい話はこれからですが、『協力してやっていきましょう』とお話をさせていただいた。ジュリーさんを中心にジャニーズの体制になっていく日がくるのかな」。
自身は、「経営はできない。ジャニーさんのイズムをつないでいく立場」と語った。

滝沢はグループや個人のCDデビューのプロデュースも担う予定で、「ネーミングはジャニーさんに任せる」。
デビュー後の育成は携わらず、Jr.に専念するとみられる。

20180913-00000006-dal-000-view

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000006-dal-ent

続きを読む

情報元リンク:中二病速報
ジャニーズ事務所はジュリー副社長&滝沢秀明体制へ

関連記事

  1. 「攻殻機動隊風サザエさん」プロのイラストレーターが描いたパロディ絵がネ…

  2. 梅沢富美男「イッテQ!」に同情「ガチでやっているバラエティー番組なんて…

  3. 松居一代3度目の出頭 自転車かごに“重~い”証拠

  4. 江川紹子さんが劣化www(画像)

  5. こんな可愛くておっぱいの大きな女の子がセクシー女優だなんて信じられるか…

  6. セクシー女優・桃乃木かなさん 仕事で韓国に行く(画像)

  7. フジテレビ椿原慶子アナがセレブ社長と入籍 12月22日に挙式へ

  8. 昭和のエロ本を現代の姉ちゃんで再現(画像あり)

最近の記事

  1. 女子アナ画像

    竹﨑由佳アナ 追跡LIVE!SPORTSウォッチ…
  2. グラビア画像

    【ランジェリーからあふれる♡美バスト】モデル・久…
  3. 芸能

    熟女で綺麗なセクシー女優
  4. 芸能

    【ヤンマガ】“インスタグラビア”似鳥沙也加、美ヒ…