元猿岩石・森脇和成、有吉とは“音信不通” 不仲否定し「地元の誇りです」

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/12(日) 23:34:54.50 _USER9
1990年代の人気バラエティ番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)に出演していた元・猿岩石の森脇和成、元・ドロンズの大島直也、元・パンヤオの伊藤高史、元・地球防衛軍レッドの加代子、「Tプロデューサー」こと土屋敏男氏が12日、東京・練馬区のバッティングプラザ大泉で行われた『ドラマチックバッティングセンター #あなた専用甲子園』の記者会見に出席した。

森脇は、元相方・有吉弘行とともに同番組のヒッチハイク企画で人気に火が付き、歌手としても「白い雲のように」が大ヒットし『第39回日本レコード大賞』の「新人賞」を獲得するほど大ブレイク。
2004年3月のコンビ解散を機に芸能界を引退したが、15年に「役者をやりたくて芸能復帰」し、現在は「年間3~5本の舞台に立たせてもらってます。
役者としては新人でゼロからのスタート。コツコツやらせてもらってます」という。

有吉との近況を問われると「電話したらつながらなくて、メールの返事もない。一応、『復活します』とメールで報告はしています。
もう10数年、会ってないですね」とポツリ。
報道陣から不仲を心配されると「仲悪いわけではないけど、良くもない。幼なじみなんで照れくさい感じですかね」と笑いながら否定し「なにか言いたいこと? ないですね、地元の誇りですよ」と話していた。

この日のメンバーは、先々月頃に行われた「電波少年メンバーのプチ同窓会」で「10数年ぶり」に再会。
番組復活を期待する声があがると、土屋氏は「テレビじゃ無理だと思うので、どこかのネット企業で希望されるところがあれば…」と前向き。
大島、伊藤、加代子も舞台役者として活動中。土屋氏は「メンバーはそろってる」と自信をのぞかせていた。

同イベントは、カヤックより配信中の共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』のキャンペーンの一環。
普段は、バッティングセンターとして稼働している同所を舞台に、チームメイトや監督、吹奏楽やチアリーダーたちの応援、プロの実況にウグイス嬢が登場し、ユーザー自身が“主人公”として青春の一コマを体験できるイベントとなっている。
今月30日に一日限定で開催される。

オリコン 
http://news.livedoor.com/article/detail/15149311/

懐かしの電波少年メンバーたちが再集結(左から)Tプロデューサーこと土屋敏男氏、元・猿岩石の森脇和成 
no title

続きを読む

情報元リンク:中二病速報
元猿岩石・森脇和成、有吉とは“音信不通” 不仲否定し「地元の誇りです」

関連記事

  1. 池上季実子がスマホゲームで重大なマナー違反の疑い

  2. 小出恵介の個人事務所「夕顔」が特別清算の協定案認可受ける

  3. 渡辺直美「24時間テレビTシャツ」に批判「日テレを儲けさせるな」

  4. 大久保佳代子、性欲減少に悩む「こういう時、どう動いていいか…」

  5. ZOZO前澤社長の「大きなアナウンス」9月中頃に予定 結婚の発表説は否…

  6. 柏木由紀「カワイイけれど大人っぽい」を体現するランジェリー姿を披露(画…

  7. 元AKB48・島崎遥香に引退説 必殺『塩対応』も女優業では通用せず

  8. 高須院長「希林さんと似たような」何カ所もがんある

最近の記事

  1. 女子アナ画像

    【画像】今日の竹内友佳さんと鈴木唯さん 10.1…
  2. 芸能

    葉月らな FカップのドS系グラドルデビュー (画…
  3. 東スポ

    【パCS】大敗の西武・辻監督 十亀と武隈をバッサ…
  4. 芸能

    藤田あずさ「みーんなの元カノ」なFカップグラビア…